東京都産業労働局「インキュベーションHUB推進プロジェクト事業」採択事業

開催レポート:コンテンツツーリズム ビジネスセミナー「アニメで地域活性化とは? 地域からの話」

みなさん、こんにちは!今回は、10/14(木)に開催した、コンテンツツーリズム ビジネスセミナー「アニメで地域活性化とは?  地域からの話」のレポートです。   長野県小諸市「なつまちおもてなしプロジェクト」リーダーとして地域におけるアニメプロジェクトを牽引してきた花岡隆太氏と、聖地巡礼プロデューサー 柿崎俊道氏にご登壇いただきました。聖地巡礼とは、アニメや漫画などの作品において物語の舞台やモデルとなった場所、ゆかりのある場所を「聖地」と呼び、実際に「聖地」を訪問することなんだそうです。     前半は、花岡氏の経験を踏まえた地域目線での聖地巡礼などのコンテンツツーリズムについてのお話でした。アニメ製作会社とその地域の住民との間でおきる問題など、聖地巡礼においてとても重要な情報をお伝えいただきました。   後半は、柿崎氏に登壇いただき、花岡氏のお話を踏まえて、アニメ・映画・テレビ番組などの映像作品や、演劇・ミュージカルなどの舞台作品を製作する際の、さまざまなリスクを回避するための方式・手法のひとつ、アニメ製作委員会のしくみや、地域とアニメのかかわりなどについてご説明いただきました!   さて、次回のイベントは、11/11(金)のC-HUBスクール「ベンチャーの資金調達のイロハと実例紹介」です。さまざまな資金調達手段のメリット・デメリットや選択方法をご説明する、スタートアップ必見のスクールとなっておりますのでぜひご参加ください!

開催レポート:「クラウドファンディングの実践ノウハウ -クラウドファンディング事業者が教えてくれない裏技をお伝えします-」

9/26(月)、C-HUBスクール「クラウドファンディングの実践ノウハウ -クラウドファンディング事業者が教えてくれない裏技をお伝えします-」を開催しました! ご登壇いただいたのは、「東北ずん子」や「クラウド出版」の生みの親として知られるSSS合同会社CEO 小田 恭央氏です。   3000万以上の資金調達を成功させた東北支援キャラクター「東北ずん子」の成長プロセスをたどりながら、 ”どのようなリターンが良いのか?””各クラウドファンディング・プラットフォームの特性”といった耳寄り情報や、 知識だけでない心構えの大切さをお話しいただき、大変盛り沢山な内容となっておりました!   さて、「資金調達についてもっと知りたい!」というスタートアップのみなさま必見のセミナー 「ベンチャーの資金調達のイロハと実例紹介」が、11月11日(金)に開催されます! 中野区の産業振興推進機構であるICTCOとの共催で、さまざまな資金調達手段のメリット・デメリットやノウハウをお伝えします。ぜひご参加ください。  

台北の漫画博覧会に出展!!

8/11(木)から8/16(火)にかけて開催された第17回漫画博覧会(台北)に、C-HUBが出展してまいりました!「漫画博覧会」は、毎年8月に台北市で開催し、来場者数が60万人にものぼるアジア最大のイベントです。今回も大変な盛り上がりで、初日はあいにくの雨にもかかわらず開場前から行列ができていました。 C-HUBブースでは、先月のL.A.に引き続き、海外展開支援を行っている3作品「フミ子の告白」「ゾンミちゃん」「浦和の調ちゃん」の映像、フライヤー、一部グッズ展示によるプロモーションを行い、たくさんの人々が訪ねてくださいました! 台湾の方々の好みやファンの年齢層、現地のニーズや温度感など、7月のAnime Expoとはまた違った反応があったり、アンケートも多くの人々に答えて頂けたりと、現地に来なくてはわからない学びを得ることができました。 また、世界ではまだ知名度が高くない作品に対してもとてもポジティブな反応をいただけたことで、国内にあるたくさんの優れた作品を広めていくことは、とても大きな意義があることだと改めて確信しました。日本のコンテンツの魅力をもっともっと伝えられるよう私たちも力を付けていきたいと思います! なお、9/6(火)にC-HUBスクール「コンテンツ海外展開 基礎セミナーvol.2」が開催します!コンテンツの海外展開をお考えの方に必須の基礎知識をお伝えする内容となっておりますので、ぜひご参加ください!

開催レポート:「クリエイティブコンテンツ関連企業のリーダーのためのヒットを狙うマーケティング」

8月4日(木)にC-HUBワークショップを開催しました! タイトルは「クリエイティブコンテンツ関連企業のリーダーのためのヒットを狙うマーケティング」。デジタルマーケティングストラテジストの床尾 一法氏が講師の今回は、様々な分野でコンテンツを手掛けている方々が参加してくださいました。 予備の時間まで使われ、大変盛り上がったこのワークショップ。 ●第1部 どこの?誰が?どんなシーンで?皆さんが対象とするユーザーを紐解くディスカッション ●第2部 何を体験してもらえるのか?サービスを紐解くディスカッション ●第3部 どうやってコンテンツを体験してもらうのか?プロモーションを考える ●第4部 あなたならどうする?メディア事例を元にしたディスカッション ”自分自身がどのように理解しているか” ”どのように人に説明しているか” ”どうやったら理解してもらえるか” など、自分のコンテンツをいつもとは異なる視点で見つめ直すことで、 新たな発見ができたという声が聞かれ、スタッフ一同嬉しく感じました。 さて、9/26(月)は「クラウドファンディングの実践ノウハウ -クラウドファンディング事業者が教えてくれない裏技をお伝えします-」が予定されています。次回もお楽しみに!    

開催レポート:「コンテンツビジネスに必要な著作権の基礎知識」

7月28日(木)、C-HUBスクール:「コンテンツビジネスに必要な著作権の基礎知識」を開催いたしました! 今回のスクールではコンテンツビジネス(映画、アニメーション、ゲーム、アプリ)に関する著作権を専門としているヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所パートナー弁護士アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士 加藤君人氏にご登壇いただきました。 コンテンツビジネスには欠かせない著作権の基礎的な知識を学びつつ、実際の判例を踏まえて著作権を実践的に学びました。 セミナー後の質疑応答では、予定時間をオーバーするほど参加者の皆さんからの質問が耐えなかったりと、コンテンツビジネスにかける皆さんの熱意を強く感じられる機会となりました!   コンテンツビジネスを立ち上げる方がさらにふえていくように、C-HUBはこれからも質の高い情報提供の場をつくっていきます。 開催イベントについては、HPやFacebookで告知しておりますのでチェックをお願いいたします。 来月9/26(月)に予定しているC-HUBスクールセミナーは、「クラウドファンディングの実践ノウハウ -クラウドファンディング事業者が教えてくれない裏技をお伝えします-」です。興味がある方は、ぜひご参加くださいませ。