東京都産業労働局「インキュベーションHUB推進プロジェクト事業」採択事業

ブログ

開催レポート:「コンテンツツーリズム、その先へ」

9月25日(月)、奈良県立大学 地域創造学部 准教授の岡本健先生と聖地巡礼プロデューサーの柿崎俊道氏を講師としてお迎えし、コンテンツツーリズムセミナー「コンテンツツーリズム、その先へ」を開催いたしました。 今回、コンテンツツーリズムの研究においては先駆者のお一人である岡本先生から、観光(ツーリズム)の定義やコンテンツとツーリズムが交差したことで何が生まれたのか?など、コンテンツツーリズムの本質にかかわる貴重なお話をお聞かせいただきました。 特に、従来型の観光の領域である「現実空間」、インターネットなどの技術革新によって生まれた「情報空間」、コンテンツとそれに伴う想像によって楽しむ「虚構空間」、という3つの空間を行き来することがコンテンツツーリズムの特徴であるという考察は大変印象的でした。   単にアニメの聖地であることだけではコンテンツツーリズムのテーマとして珍しくなりつつあります。上記の3つの空間について考えながら、観光の主体に対してどのような差異化した体験を提供できるかというところが今後コンテンツツーリズムを盛り上げていくために重要なポイントになっていきそうです。 岡本先生、柿崎様、そして今回も多くのご参加者の皆さまにお越しいただき、ありがとうございました!   C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎   個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us  

開催レポート:「C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~」第6回

全6回でビジネスプランを作成してプレゼンテーションを実施するC-HUBスタートアッププログラム、最終回である第6回「ビジネスプラン発表会」が7月31日(月)に一番町インキュベーションセンターにおいて開催されました。 第6回では、本プログラムの集大成として各受講生によるビジネスプランのプレゼンテーションが行われました。 審査員役としてC-HUBのメンターでもあるブレイクポイント株式会社代表取締役若山 泰親氏と株式会社ツクリエ代表取締役鈴木 英樹氏にご参加いただき、各プランに対してのフィードバックが行われました。     参加前にはまだカタチになっていなかったアイディアを事業コンセプトとしてしっかり整理することが出来たプレゼンテーション、本プログラムへの参加を通じてもともと持っていたビジネスプランをブラッシュアップしたプレゼンテーション、受講生の皆さまが起業とその先にある成功に向けて進化した姿がとても印象的な最終回になりました。 受講された皆様の事業のご発展を心より祈念しております!   好評だった本プログラム、同じ内容のものが【第2クール】として今秋10月2日(月)より開催されます。実現化したいビジネスプランを胸に秘めた方、ご参加お待ちしております!詳しくは下記リンクをご覧下さい。 『C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~【第2クール】』   なお、C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎ 個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us

開催レポート:ワークショップ 「次世代リーダーのためのヒットを狙うプロデュース技術」第二弾 なぜ人はモノを買うのか 〜神社仏閣が教えてくれたソーシャル課金システム〜

6月15日(木)、毎回大人気のワークショップ「次世代リーダーのためのヒットを狙うプロデュース技術」の第二弾として、成沢理恵氏と森川幸人氏を一番町インキュベーションセンターにお迎えし、「なぜ人はモノを買うのか 〜神社仏閣が教えてくれたソーシャル課金システム〜」をテーマとしたワークショップを開催しました。   成沢さんと森川さんによるコンテンツビジネスリーダー向けのワークショップは毎回目からウロコの切り口が提供されることもあり、C-HUBイベントの中でも人気企画の一つになっています。 そして今回はなんと、「神社仏閣からヒットを狙うプロデュース技術を学ぶ」、というテーマ。   第一部と第二部の事例紹介では、一見するとコンテンツのヒットとは全く関係なさそうな神社仏閣が参拝者に対して提供している製品やサービスを徹底分析。 神社仏閣と参拝者との関係性に着目することでコンテンツビジネスにおけるヒットやマネタイズに繋がる発想を得られることが、成沢さんと森川さんによる徹底的な現地取材と豊富な事例紹介により明らかにされていきます。   アイテム課金、アセット活用、ブランディング、コレクションマインドなど、現在のソーシャルゲームのマネタイズにおいて中心になっている手法が既に数多くの神社仏閣で実施されていることは、参加者の皆さまにとって大きな驚きだったようです。   そして第三部は、架空の設定を用いて神社仏閣の収入をアップさせるための施策を考えるユニークなワークショップ。 今回もコンテンツビジネスの従事者が多くご参加されていたこともあり、クリエイティビティ溢れるユニークなアイディアが続々と飛び出し、活発な議論が繰り広げられました。 終了後のアンケートでは、事例紹介とワークショップの組み合わせにより実務に活用できる学びが得られたという声を多くいただくことが出来ました。   今回も満員御礼の中の開催となりました。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。   ※本ワークショップ、大好評だったため2017年10月19日(木)に再度開催することになりました。詳細は下記リンクよりご覧下さい。 ワークショップ 「次世代リーダーのためのヒットを狙うプロデュース技術」第二弾 なぜ人はモノを買うのか 〜神社仏閣が教えてくれたソーシャル課金システム〜 【再開催】   なお、C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎   個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us

開催レポート:「コンテンツビジネスで知っておきたい製作委員会との付き合い方」

7月26日(水)、株式会社マーズ・シックスティーン取締役社長北山友之氏と聖地巡礼プロデューサーの柿崎俊道氏を講師としてお迎えし、コンテンツツーリズムセミナー「コンテンツビジネスで知っておきたい製作委員会との付き合い方」を開催いたしました。 数々のアニメ・ゲーム作品のTシャツの企画、販売を手掛けてこられた北山社長の視点から、Tシャツ化を手掛けるアニメ作品のリサーチ、作品選定、製作委員会との交渉の仕方など実践的な内容のお話をお聞かせいただくことが出来ました。 毎クール50タイトル以上の新作アニメがテレビ放送され、各タイトルに関連する商品の消費サイクルもどんどん速くなってきている昨今、どの作品を扱い、どのような企画を作り、商品化ビジネスとしての収益を確保していくのかが問われるようになっていると語る北山社長。   最近は作品に関するリサーチを一層重視し、目が肥えているアニメファンの期待をさらに上回るような商品を企画することに注力しているそうです。 製作委員会での企画の通し方、製作委員会からの素材の貰い方、権利関係が複雑な作品について契約する際のポイントなど、コンテンツの商品化ビジネスや地域振興を行う際に大いに役立つ内容のお話をお聞かせいただきました。   講師の北山社長、柿崎先生、ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました◎   C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎   個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us

開催レポート:「C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~」第5回

7月18日(火)に一番町インキュベーションセンターにおいてC-HUBスタートアッププログラム第5回「税務と法務を知ろう」が開催されました。   全6回でビジネスプランを作成してプレゼンテーションを実施するC-HUBスタートアッププログラム。 第5回目の今回は税務の講師として加瀬洋先生(公認会計士・税理士)、法務の講師として唐木大輔先生(弁護士)をお迎えしました。両先生とも豊富な起業支援実績をお持ちで、創業時に大変頼りになる存在です。 前半は加瀬先生による、起業にあたって最低限知っておくべき会計、税務の知識についてのセミナー。 初歩的な会計知識、決算書の読み方のポイントなど、創業を目指す人にとって必要な知識をコンパクトに整理してお話していただきました。 税理士など会計・税務のプロとの付き合い方についての解説も受講者には興味深い内容だったようです。   後半は唐木先生による法務セミナー。 契約書、利用規約についての基礎知識、コンテンツビジネスに必須の著作権についての解説、企業における情報管理や労務問題への備えなど、こちらも幅広いトピックスをわかりやすくお話していただきました。 「法律を踏まえた上で起業家としてどういう意思決定をするか?」という部分について受講者それぞれがが真剣に検討する良い機会になりました。   加瀬先生、唐木先生、参加者の皆さま、ありがとうございました!   好評だった本プログラム、同じ内容のものが【第2クール】として今秋10月2日(月)より開催されます。実現化したいビジネスプランを胸に秘めた方、ご参加お待ちしております!詳しくは下記リンクをご覧下さい。 『C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~【第2クール】』   なお、C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎ 個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us

開催レポート:「C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~」第4回

7月3日(月)に一番町インキュベーションセンターにおいてC-HUBスタートアッププログラム第4回「先輩から創業体験を聞く」が開催されました。   全6回でビジネスプランを作成してプレゼンテーションを実施する本プログラム。 第4回の講師にお迎えしたのは、ネイロ株式会社の平井武史社長、株式会社アニマの笹原晋也社長と株式会社ザフールの古賀俊輔社長、という3名の先輩起業家。 前半は3名の講師から起業体験談をお聞かせいただきました。 様々な困難に直面しながらそれを乗り越えた生々しい起業体験は受講者にとって大きな学びになったようです。 そして講義後半は全受講者から現在自分が考えているビジネスプランについてのショートプレゼンを行っていただき、それに対して三名の講師からのフィードバックをいただきました。   受講者の皆さまが事業に懸ける想いがひしひしと伝わってくるショートプレゼンを受けて、講師陣からのフィードバックも熱を帯びたものになり、密度の濃いメンタリングタイムとなりました。 今回のセッションはビジネスプランをブラッシュアップするための貴重な学びとなりました。   ご参加いただいた皆さま、講師の皆さま、ありがとうございました◎   好評だった本プログラム、同じ内容のものが【第2クール】として今秋10月2日(月)より開催されます。実現化したいビジネスプランを胸に秘めた方、ご参加お待ちしております!詳しくは下記リンクをご覧下さい。 『C-HUBスタートアッププログラム~アイデアをビジネスにする~【第2クール】』   なお、C-HUBではコンテンツビジネス分野での経験豊富なインキュベーターによる相談会を随時開催しています。創業前のご相談から、創業後、更なるステップアップを目指すコンテンツビジネス分野での起業家の方の味方です。ぜひお気軽にご相談ください◎ 個別相談会について http://chub.tokyo/consultation お問い合わせはこちらから! http://chub.tokyo/contact-us